あなたが出版した本を購入した人がいたら、印税が入ります。

そして、一般的な紙の出版での印税は、最大でも10%程度です。
しかし、Amazonのkindle出版では、最大70%の印税が得られます。
この差は非常に大きいですよね。

出版についての費用について:自費出版の費用は、数百万円ともいわれています。
そもそも大手出版社で個人的な本を出版するのは、ほぼ不可能といっても過言ではありません。
しかし、電子書籍出版なら、誰でも出版が可能です。
しかも、費用は自費出版の約100分の1程度。

電子書籍出版は、非常に費用対効果の高い出版方法なのです。