昔、本の表紙が擦り切れるくらい何度も読んだ思い出の本、初めて自分で買った漫画、興味があるものについて書いてある雑誌、あなたの中にあるストーリーを形作ってきたものは何だったのでしょう?

人は言葉を使い、文字をつかうことで、知識や経験を文字にして残すことができました。その結果が今の文化をつくり、人間の繁栄を大きくしたのです。

昔から、知識を残すために、人は工夫に工夫を重ね、羊の皮をなめしたものに文字を書きつけたり、紙を開発してきました。また、文字を使いながら、知識を後世の人と共有してきました。その先人たちの知恵は今、紙の文化を越えて、電子データとなり、「早くて、簡単で、安価」という媒体を作りました。

それが電子書籍です。

電子書籍を読むためには、パソコンやスマホ、タブレットなど専用機器が必要ですが、逆にそれさえあれば、紙の本を置く場所を気にすることなく、外出先でもいつでもどこでも読むことができます。

今、星空出版社では、
電子書籍を出版したいと願うあなたのお手伝いをさせていただいています。

私たちと一緒に電子書籍を世に送り出してみませんか?